スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Album Review』 -【中村舞子 / 7→9】


Album Review



中村舞子 

村舞子 : 7→9


「LGYankees」「CLIFF EDGE」らへの参加曲が着うた系サイトで大きな話題となり、デビュー前にも関わらず巷では名前を耳にすることが多かったシンガー【中村舞子】
その人気は現在も右肩上がりで、今年の1月には自身初となる1stフルアルバム『HEART』をリリースした彼女ですが、この度コンセプトアルバム『7→9』をリリースされました。
タイトルは『7→9』
タイトルが表す通り夏をテーマにしたということですが、ただ切な系ラブソングを引っ張ってくると言うよりかは、全編に渡って様々な表情を見せてくれる"甘酸っぱさ"と"しなやかさ"が今作一番の醍醐味かなと思います。
夏の昼夜と言えば、やはりリアルタイムで表情が変わってくると思うのですが、そこを彼女が上手く表現できているなと感じました。
それこそ、『Naked Touch』→『Under Lover』への移り変わりはグッとくるものがありました。
特に、『Under Love』のようなレトロチック溢れる楽曲は、彼女のこれまでの作品で表現されてきた恋愛に対する「焦燥感」たるものを一気に拭った「フィーリング重視」の楽曲になっているのではないでしょうか。
「為岡そのみ」氏が制作に関わっているということもありますが、"大人の女性"をどれだけ「中村舞子」らしく表現できるかと挑戦したようにも思えます。
このアルバムをあえて、一言で表すならば【寄せては返す波のよう】
近くにいると思えば、離れていくそんなひと夏の恋を描いたラブストリーがここに集約されています。

今年、メジャーフルアルバムをリリースした際の某雑誌のインタビューでは「これからはもっといろんなアーティスト、クリエーターと関わっていきたい」と語っていますが、有言実行とばかりに多種多様なクリエーター陣を起用したことが今作を通してもわかりますし、これからの彼女の音楽の方向性を定めるきかっけになるのではないかと感じました(大げさかもしれませんが)
さらに僕が一番驚いたことは、彼女がまだ21歳だということ。
この若さにして、この様なしなやかな作品を作り上げることができる彼女にそれは驚きました。
勿論、その凛とした歌声は天性のものだと思いますが、これからまだまだ厚みと磨きがかかるのではないでしょうか。
そんな期待込めて、これからも応援していこうと思いました。





1: Naked Touch
2: Under Lover
3: Interlude 1#
4: 身も焦がれるほど
5: まだ、そばにいたい
6: Interlude 2#
7: End Roll

Pony Canyon 2012 8/22

7→9 / 中村舞子(2012/08/22)
中村舞子

商品詳細を見る






1. Naked Touch

ゆったりしたとスロウナンバーながらも、その歌詞の内容は恋愛に対する攻めの姿勢が表れているなんともロマンテイストな楽曲で本編がスタート。
所謂、ひと夏の恋のプロローグの部分になるわけですが、優雅さと気品に溢れる歌声を兼ね備えている彼女ですので非常に色艶鮮やかに楽曲を表現してくれています。
どこか『Call Me On』を彷彿させるような今曲のプロデュ―スは「MANABOON」氏が担当。

2. Under Lover

シンガーソングライター「為岡そのみ」氏プロデュ―スによる、今作でも大注目の楽曲。
夏というテーマをしっかりと枠に捉えつつも、どこか懐かしく、一昔にタイムスリップしたようなレトロ調の楽曲です。
これまでリスナーに発信してきた"中村舞子"というイメージを自ら崩すことによって、より「柔軟」で「包容力」などと言った表現方法をアピールできているのではないでしょうか。
また、個人的にはこの"フィーリング感"がたまらないと言いますか。
女性目線一直線の歌詞に偏り過ぎていないので、男性陣も気軽に体を揺らしながら楽しめるのですよね。
そういった意味でも、今後も今路線を期待しています。

5. だ、そばにいたい

これを聴いた際には「アっ!」と思う方も多いでしょう。
言わば、"THE:中村舞子"な楽曲なのです。
それは、私達がこれまで彼女楽の曲を聴く都度耳にしていた「切な系」の歌詞がしっかりと詰め込まれた「無くてはならない」楽曲ということで彼女のファンからすれば、この情緒感がしっかり滲み出た彼女らしさが良いという方も多いはず。

7. End Roll

アルバムエピローグに相応しい、アコースティックナンバー。
ひと夏の恋が終わり、出会いから別れまでを「温かく」そして「激しく」
サビに近づくにつれ、エモーショナルに歌い上げる彼女にも注目です。
恋の終わりの「淡い」部分もしっかりギターで演出されていますが、『まだ、そばにいたい』と比べると、2曲間の感情の起伏が非常に解りやすいですね。
ひと夏の恋がテーマということで、今曲のアウトロ部分は何か幻想的なところがあり、しばらく余韻に浸ってしまいますね。








Please Follow Me !

 



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Profile

Kouki

Author:Kouki
R&B/Soulに特化した総合サイト。
マイペースに更新中。
取材等のご依頼は、メールフォ―ムまでお願い致します。

Next Star Music Presents
Coming Soon...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセス
Pick Up Artist
Special Interview
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。